ペットと海洋葬|犬も肝臓病になり得る|大事な家族を守れるのは貴方だけ
トイプードル

犬も肝臓病になり得る|大事な家族を守れるのは貴方だけ

ペットと海洋葬

遺影

母なる海へ

お墓の管理や維持コストなどの理由から、5万円程度で行うことのできる海洋葬が静かなブームになっています。自然への散骨が注目される流れの中で、これをペット葬儀に当てはめる人々も出現しています。ペット葬儀における海洋葬の流れも、人間の場合とほとんど同じです。大きな違いは埋葬許可証が要らないことくらいでしょう。船で海まで出てから、シンプルなセレモニーを行った後でペットの遺骨を海に散骨します。その後で献花と堅守を行い、ペットの冥福を祈るのです。通常のペット葬儀に比べて費用も掛かりませんし、ペット用の仏壇などもいりません。もし手元供養がしたい場合は、散骨した残りの遺骨パウダーを返却してもらうこともできます。

心がけておくこと

ペットの海洋葬を行う場合、散骨会社に依頼するだけで後は会社側が手配してくれます。この時、ペットにも対応している散骨会社か、散骨プランもあるペット葬儀会社のどちらかを選びます。どちらの会社でも葬儀に関したノウハウがあるので、信頼しても大丈夫です。ペットに対する価値観は人によって大きな違いがあるので、もしかすると他の遺族がペットの合同散骨に抵抗を持つ場合も考えられます。遺族ごとに間隔を置いてセレモニーと散骨をしますが、その点は配慮した方がいいかもしれません。そこで、もしペット専用の海洋葬を行っている会社以外に依頼する場合は、個別散骨か委託散骨にした方がいいでしょう。個別散骨ならじっくりと最後の別れが出来ます。