動物

犬も肝臓病になり得る|大事な家族を守れるのは貴方だけ

ペットと海洋葬

遺影

人間の間で静かなブームとなっている海洋葬を、ペット葬儀の一つとして行うことができます。散骨会社か、散骨も行っているペット葬儀の会社に頼みましょう。ペットに関する価値観はそれぞれなので、個別散骨などの方が適しています。

もっと読む

良い業者の見分け方

飼い主とペット

良いブリーダーを探すためには、まずは飼育している場所を見せてもらい、清潔なところで動物は元気にしているのかを確認しておきたいです。親犬のことはもちろんですが、仔犬についても知識があるのかで良し悪しを見分けられるため、話を聞いておきましょう。

もっと読む

肝硬変が多い

動物病院

フィラリアが原因で

犬に多くおこってくる肝臓病は肝硬変です。人間が発症する肝硬変とは原因が違います。特に老齢の犬の肝臓病は、心臓障害が原因になっているものがほとんどになっています。心臓障害といっても心臓に異常があるのではなくて、心臓にフィラリア虫が寄生したために心臓の働きが鈍くなってしまい、体全体への血液の循環が滞ってしまい肝臓への血液の循環がうまくいかなくなって、肝臓病である肝硬変を起こしてしまいます。フィラリア虫が年を重ねていくうちに心臓を占拠してしまって、血液の流通を阻害してしまいます。心臓を通過できなくなった血液は、肝臓で渋滞を起こしてしまいます。このような状態が続いてしまうと、肝臓の機能が正常な状態を維持できずに肝細胞が死んでしまいます。

長く一緒に生きる

犬が7歳から8歳ぐらいの時に次第におなかが膨れてきて、妊娠に似た兆候を現して来たら肝臓病の肝硬変を疑ってみてください。便秘と下痢が交互にやってきます。おなかを指先で軽く押してみると、犬は痛みを訴えてきます。そして肝臓が大きく膨らんでいるのがわかります。肝硬変の原因になっているのが、犬フィラリア虫の感染ですから毎年欠かさないで動物病院の獣医師のもとで、フィラリア虫の感染予防を行っていればこの種類の肝硬変になる心配はいりません。毎年定期的に健診をしていないと致命的になってしまう病気もありますので、犬の健康診断を定期的に動物病院で行っている人が多くなってきています。長く楽しくペットと暮らしていかなければなりません。

小さいほど可愛い

犬

子犬はペットショップで飼う人がほとんどです。しかし、どこでも同じと言うわけではありません。信頼できるペットショップから買うことが大事です。数軒のペットショップをまわって、良いところを見つけるようにしましょう。

もっと読む